キャビテーションは痛くないのが普通?痛い方が効く?

キャビテーションは痛くないのが普通?痛い方が効く?

キャビテーションを利用して痩せられたら食欲と戦う努力は必要ないし、脂肪がどんどん減るなんて最高ですよね!らくちんなダイエットだから、通常のダイエットをして痩せるのは現実的に難しいので、キャビテーションに頼りたいと思う人は多くいるはず。

 

しかし、キャビテーションを利用したことがない人にとっては、キャビテーションを受けたことがないわけですから、痛みがあるのではないか?と心配な人もいるはずです。

 

キャビテーションは痩せる効果に関してはかなり期待ができるものになりますから、効果が大きいということは痛いのではないか?と考える人もいるようですけど、実際どうなのでしょうか?

 

キャビテーションはそもそもどういう仕組みで痩せるのか?

 

キャビテーションというのは超音波を使って身体に刺激を与えることによって痩せることを実現します。超音波を身体に当てると、身体の中にある脂肪細胞がどんどん破壊されていくので、脂肪の源が少なくなることにより、痩せることが可能になるわけです。

 

こういったキャビテーションの仕組みを知ると、なんだか痛みがあるのではないか?と思うかもしれませんが、結局は脂肪細胞を破壊するためにどういった刺激を与えているのか?が問題になります。キャビテーションでの刺激は超音波になるのですが、超音波というのは美容においては割と使われているツールであり、そんなに珍しいものではありません。

 

キャビテーションを実施するときに痛みは出ない?

 

超音波というのは例えば美顔器にも使われていますし、美容では頻繁に使われているものなのです。したがって、痛みが出るようなものは利用者も敬遠しがちなので、超音波によって痛みが強いなどの状況があるのであれば、そういった商品は不人気のはずです。

 

しかし、実際超音波の美顔器はそこそこメジャーですし、使っている人も多いということで、痛いという感覚はほとんどないということが想像できるのではないでしょうか?

 

そして、キャビテーションに関しても痛いと感じることはほぼないと思って良いと思います。刺激がゼロというわけではないのですが、感覚として痛いと感じるようなものではないということなのです。

 

頭がキーンとする感覚がある人も

 

キャビテーションを利用しているときに痛みはまずないと思われますが、頭がキーンとするような感覚はあるかもしれないです。これは痛みではないので、不快感はほとんどないはずですけど、超音波を使っているがゆえに発生する感覚です。

 

キャビテーションで痛いと感じることはまずありませんし、感覚としてはせいぜいそういったものになるので、これからキャビテーションを利用するという方は心配は特にいりません。1回利用すればどういった感じなのか?理解しやすいと思うので、不安を完全に取り除くためにはキャビテーションを実際に受けてみることが大切になるでしょう。

page top